中央アジアにおける牧畜社会の動態分析―家畜化から気候変動まで

日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(A)  JP18H03608 平成30年~令和4年度(2018~2022年度)

雑誌掲載論文 Journal articles

▼2018年度

今村薫
「カザフ人の移牧にともなう伝統技術―ラクダによる運搬と移動式住居の組み立て方」
名古屋学院大学論集 (人文・自然科学篇) 55(2):17-31.

Steven G. Pueppke *, Margulan Iklasov, Volker Beckmann, Sabir Nurtazin, Niels Thevs, Buho Hoshino, Sayat Sharakhmetov
“Challenges for sustainable use of the fish resources from Lake Balkhash, a fragile lake in an arid ecosystem”, Sustainability10(4): 1-15.

Na, Y.; Li, J.; Hoshino, B.; Bao, S.; Qin, F.
“Effects of Different Grazing Systems on Aboveground Biomass and Plant Species Dominance in Typical Chinese and Mongolian Steppes”, Sustainability10(12): 1-14.

サランゲレル・児玉香菜子
「都市在住モンゴル人女性のオーラルヒストリー(1)ダリマ」
『千葉大学ユーラシア言語文化論集』20:323-339 

児玉香菜子訳(2018)
「『オルドス民話収集』(2)―銭世英著、1999年、フフホト―」
『千葉大学ユーラシア言語文化論集』20:341-361

地田 徹朗
「カザフスタンにおける『近代化』と強制農業集団化」
『ロシア・ユーラシアの経済と社会』、1031巻、31-52頁

N. V. Aladin, T. Chida, Yu. S. Chuikov, Z. K. Ermakhanov, Y. Kawabata, J. Kubota, P. Micklin, I. S. Plotnikov, A. O. Smurov and V. F. Zaitsev
"The history and future of the biological resources of the Caspian and the Aral Seas",
Journal of Oceanology and Limnology 36(6), 2061-2084

地田徹朗
「中央アジア・アラル海地域の環境・社会・経済:持続可能な開発に向けて」
『地理・地図資料』、2008/2、8-11頁



▼2017年度以前

Imamura, K., R. Salmurzaul, M.K. Iklasov, A. Baibayssov, K. Matsui, S.T. Nurtazin “The distribution of the two domestic camel species in Kazakhstan caused by the demand of industrial stockbreeding”,
Journal of Arid Land Studies, 26-4, 223 -226: 2017

Saitou, N., and S. Shokat
“DNA analyses of camels”, Journal of Arid Land Studies, 26-4, 223-226: 2017

斎藤成也
「ラクダとヒトのDNAからみたシルクロード」, 科学, 87巻10号,963-965頁: 2017

Hoshino,B., et al
”A New Methodology for the Evaluation of Ecological Characteristic of the Camel - A case Study of Climate Change and Breeding of Camel”, Journal of Arid Land Studies, 26-4, 203-207: 2017

Kodama,
K. “Facing “urban life”: Pespective from the Ecological Migration within Ejene banner, Inner Mongolia, China” ユーラシア言語文化論集17:1-13: 2015

Kume, S.
“Cultural significance of high-altitude zone in Central Eurasia in prehistory: a case study of the Tien-Shan Mountains”, Book of Abstracts of the Eighth World Archaeological Congress. p. 184, WAC-8 Kyoto Local Organizing Committee, Kyoto: 2016

Kume, S., Y. Miyata, S. Kadowaki
“Feasting with the dead on the Euphrates: Stable isotope analysis of carbonized residues on Early Bronze Age ceramics from the cemetery near Tell Ghanem al-‘Ali”,
In: Y. Nishiaki and S. Kume eds. Special volume: Papers in honor of Professor Katsuhiko Ohnuma on the occasion of his 70th birthday. Al-Rafidan 38: 95-100: 2017

塩谷哲史
「ニコライ・コンスタンチノヴィチ大公のアムダリヤ転流計画―英露関係とトルクメン問題の文脈から―」
『内陸アジア史研究』31,73-92頁: 2016

塩谷哲史
「中央アジア乾燥地域の都市と水資源―ヒヴァ―」
『歴史と地理―地理の研究―』196,66-73頁: 2017

塩谷哲史
「伊犁通商条約(1851年)の締結過程から見たロシア帝国の対清外交」
『内陸アジア史研究』32,23-46頁: 2017

地田徹朗
「アラル海災害の顕在化と小アラル海漁業への初期対応策」

大塚健司編
『アジアの生態危機と持続可能性:フィールドからのサステイナビリティ論』
アジア経済研究所、191-236頁: 2015


 
ページのトップへ戻る